カウンセリング内容

基準は家族に紹介できるか、否か。

数多くの留学カウンセラーが存在していますが、

「それはあなたの家族にでも自信をもって紹介できる学校ですか?」

と聞いてみたくなることが多々あります。

さて、このページではcebu-STANDARDでカウンセリングを受けると何が良いのかを解説いたします。

カウンセリングをすることで、
留学に関する悩みは全て解消。

カウンセリングすることで

おすすめの語学学校(あなたに合った語学学校)が分かります。その際にこちらからお聞きすることは以下のような内容です。

  • ご希望の期間
  • ご希望の時期
  • 目的
  • 予算
  • 希望の条件(例:多国籍でリゾート地にある学校など)

こんなお悩みを抱えた方が多い

弊社ではCebu-STANDARDの前進として複数の留学代理店を運営してまいりました。その中で多く寄せられたお悩みを共有いたします。

1.英語が話せなくて不安

留学したいけど英語が話せないから不安。という方がたくさんいらっしゃいます。が、一点、セブ島には年間約1万人の日本人が留学しています。ちなみに今日1日だけでも約500名近くが渡比しています。

つまり、セブ島の語学学校で働く講師は、何百、何千という英語初級者とコミュニケーションをとってきたプロフェッショナルです。あなたの英語が下手であっても、それが普通という心構えでいます。なので、不安を感じることではありません。

2.授業についていけるか不安

初日のオリエンテーションから英語で始まる学校もあります。着いてドキドキしている時に突然、英語漬けの生活が始まります。もちろん最初は聞き取れないことも多いでしょうし、ついていけるか不安になる人も多いです。

これは受験に似ています。受験に落ちたらどうしようかと不安に思っていても合格はできません。勉強するしかありません。

その勉強方法についても、日本の義務教育で習ったような方法ではなく、コミュニケーションとしての英語を習得するための学習方法をカウンセリングでご教授いたします。

せっかく留学したのに全く英語が上達せず、国際交流もできず、楽しくなかった。そうならないためにも、弊社にご相談ください。

3.ホームシックになる不安

私(Cebu-STANDARD代表の人)も初めて留学した時はひたすらホームシックに悩まされました。しかし私は台湾人、韓国人の友人ができ、彼らと時間をともにするうちに今度は帰りたくないと思うようになりました。

実際その後セブ島に2年近く住んでいます。

ホームシックになる不安、誰でもあると思います。実際、1人暮らしをしたことがない方はより強く不安に思うかもしれません。ご家族や友人と連絡を取ったり、現地の友人に励ましてもらったり、学校スタッフに相談をするなどすれば徐々に余裕が生まれてきます。

4.治安などが不安

フィリピン・セブ島といえば治安を気にする方も非常に多いと思います。実際、私も治安面で親に止められたりもしました。しかし一度行けば分かります。

語学学校があるエリア、ショッピングモールなどは普通に都会です。スラム街などは自ら進んで見に行かない限り、偶然入り込んでしまうことは絶対にあり得ません。

その他、物価が安いので移動は全部タクシーにするなど、最低限、海外で気をつけるべきことを守れば事件に巻き込まれることもほとんどありません。

5.友達ができるか不安

日本ではあまり友達が多い方ではないし、派手に遊びにいくのも苦手。

無理にそのような遊びをする必要もありませんし、無理にそのような人たちと付き合う必要もありません。

しかし単に引っ込み思案であったり、異常な恥ずかしがり屋の方。日本に生きている自分は死んだと思って、思い切って話しかけにいきましょう。みんな同じ気持ちです。みんな、友達ができるか不安です。

だから話しかけさえすれば自然と多くの方と仲良くなれます。

6.外国人との寮生活が不安

外国人と同室になった場合、文化の違いでストレスを感じてしまう方も多いようです。特に海外に慣れていない方はそのようなケースが多いです。

直接変えてもらうのも、日本式に変えてもらうのも確かに違うような気がしますよね。そのような場合、考えらえる方法は2つです。

  1. 部屋移動
  2. 転校

まずはオフィスで部屋移動を頼んでみます。もし空き部屋があれば部屋を変えてもらえる可能性はありますが、アップグレードの場合は差額分を支払う必要があります。

次に転校です。

部屋移動もできず、我慢できない場合、転校しかありません。
学校も先生も気に入っているのにお部屋事情だけで転校しなければいけないのは非常にもったいないです。

ご自身の性格を考慮して、あらかじめ1人部屋などを予約することをおすすめします。

7.金銭面が不安

カウンセリングの最初の段階で予算をお聞きします。

概ね予算通りの学校やコースなどをご紹介できますので、不安に思う必要はありません。またお小遣いですが、セブ島は物価が安いからといって毎日遊びまくっていると気付かぬうちに結構使っていたなんてこともあります。

この辺を注意していただければ問題ありません。

8.現地での食事が不安

食事へのこだわりが強い場合、

(1)食事のない学校へ留学(2)食事の質を最優先して学校を選ぶ

こちらをおすすめします。多くの学校の食事は、ものすごく美味しいわけではありませんが、食べられないほどひどいということはありません。

味覚はそれぞれですので、一概には言えませんが、まずい!という食事を提供している学校は弊社ではそもそも紹介しておりません。

9.差別を受けることへの不安

セブ島留学に関して言えば、これは全くありません。

私がセブ島に滞在している間に日韓関係がかなり悪化していたことがありました。その時も、セブ島で出会う韓国人の方から嫌がらせをされるということもなかったです。

その他、セブ島には本当にいろいろな国の人がいます。誰がどの国の出身で、出身があそこだから差別するというようなことはありません。

まとめ

カウンセリングについて以上です。

まとめると、Cebu-STANDARDの留学カウンセリングでは自分に合った語学学校を知ることができる他、留学前にしておくべき学習、留学後の進路相談なども知ることができるということでご理解いただけますと幸いです。

それでは、お気軽にご相談ください!

留学後の進路相談も受け付けております。
セブ島が気に入ってそのままインターンや就職をしたいという方もたくさんおられます。お気軽にお問い合わせください!