Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/wakuiminato/cebu-standard.com/public_html/wp-content/themes/noel_tcd072/functions/menu.php on line 136

【最強の成り上がり術】低学歴に足りないものは後悔でも資格でもなく読書

好きなことで、生きていく


体験者の口コミ »【2020年版】無料体験があるオンライン英会話まとめ【おすすめ3選も紹介】


どうして自分はユーモアもないし、頭が良くないんだ?

頭の良い人になるにはどうすればいいのか。

読書をすればいいのよ。

本屋に行って、好きな本、一冊買って読んでみなさい。

僕の母

そうして僕は17歳にして生まれて初めて本屋で本を買ったのでした。ちなみにその本は、太宰治の「人間失格」でした。

そこから読書にハマり、毎日少なくとも1冊、大学生になってからは近所の本屋を端から端まで立ち読み、デート中もジュンク堂で立ち読み、大学の授業には出席せず図書館でひたすら本を読み漁る生活をしていました。

あれよあれよと、偏差値45の高校を中退した田舎の馬鹿野郎は、都内の比較的有名な大学に進学し、その後起業することになったのです。

そして今、この記事を、当時の僕と同じような悩みを抱えるあなたに向けて書いています。

読書は最強の自己投資

読書が良い自己投資であることは誰もが認めるところです。もはやこれに反論できる人はいないと思います。

しかし一方で、これほどまでに何十年、何百年と「良い」とされている読書をなぜあえてしない人がいるのか。嫌う人がいるのか。

それは過去の僕の場合ですが、

  1. まず座ってられない
  2. 最後まで読めない
  3. おもしろくない

この3つが主に僕が本を読まない理由でした。特に上記2つは今も同じでして、つまらない仕事になると2~3分おきに歩き回ってなかなか椅子に座っていることができません。

おそらくあなたもこの中のどれかではないでしょうか。ここで、読書できない人の特徴をパーフェクトに兼ね備えた僕がなぜ読書にハマったのか。後々になって考えると分かる読書のメリットをご紹介します。

01・知識が身に付く

まず第一に知識量が膨大になっていきます。特に僕の場合、ジャンルに拘らずに様々な本を読んできたのでほとんど誰の会話にも混じることができます。

特に好きだったのが、経営全般、経済、医療、法学、純文学、哲学、心理学などです。

そのほかにも航空宇宙工学や脳科学はたまに読んでいました。

これらは大学生になってから読め始めたもので、最初の頃はずっと小説を読んでいました。

僕の職業上、これらの業界人と話す機会が多いのですが、若輩者ながら大体話は理解できますし、説明を求めることはありません。ただ法学に関しては、解釈を求める場合はあります。

02・知恵/アイデアが湧いてくる

あらゆるインプット活動を通して、ひらめきやインスピレーションは生まれてきます。

よく天才やクリエイターは天からアイデアが降ってくるなどと言いますが、あれは基本的にこれまでに蓄積されたインプット(点)が線になったということなのです。

つまりインプットがあればあるほど、知恵もアイデアも浮かんでくる。

要するに、ユーモアのセンスも磨ける。

ビジネスにおいては、あらゆる業界においていろいろな企画を提案できるようになるという最強のメリットがあります。

03・自信がつく

知恵やアイデアが湯水のように溢れ出てきて、知識量が膨大で、誰と話してもついていける。そうなったら多くの人に

博識ですね。

とか

面白いアイデアですね。

と褒められるようになります。

ここで自分は天才だと思うのは構いませんが、学ぶことに対しては謙虚でい続けなければいけません。要するに、もっともっと知識を増やして、もっといろいろ知っていこうという態度が重要です。

04・自分が好きになる

自信がついて、さらに読書を続け、自己投資し、成長している自分を自分が感じることができる。

そんな自分であれば、自分も好きにならざるを得ません。

要するに、読書をすることで最終的に、コンプレックスの塊だった自分を愛せるようになるのです。

今はイメージできなくても、少なくとも、17歳から今日まで読書を続けている僕なら分かります。絶対に、今よりもっと自分が好きになるはずです。

デメリットはひとつ

出費もデメリットかなと思ったんですが、これはあくまで投資なのでデメリットではありません。

デメリットをひとつあげるなら、たまにめっちゃつまらない本があるということです。

ジャケ買いすると起こる現象ですね。あとは新書は必ず目次を見て買った方がいいです。

何やらすごい期待させるタイトルのくせに中身、空っぽの新書がたまにあります。あるいは、タイトルとは裏腹に内容が難しすぎて理解できないこともしばしば。

何万冊読んでも低学歴は変わらず

と、ここまで読書のメリットをご紹介してきましたが、何万冊読んだところで低学歴であることには変わりないというのが現実です。

例えば僕は大学を中退していますから、1万冊以上本を読んでいたとしても、Fラン大学を卒業した人よりも低学歴なわけです。

正直、これは致し方ない事実なのです。

今度は、その低学歴である事実というのは自分にとってどのような悪影響を与えるのかをお話します。

低学歴って足かせになるの?

低学歴は足かせになるのか。

求人票を見ていると、応募条件に大学卒と書いてあるものがいまだに多くあります。しかし僕はその辺は気にしていません。

理由としては、そこらの大学出くらいなら自分の方が知識もあり、仕事も出来る自負があるからです。

あなたの場合、今は当然そんな自信はないかもしれませんが、読書を続けてアウトプットをこなしていけば本当に人が変わったかのように仕事も出来るようになるし、物事の理解力も圧倒的に向上します。

結局、サラリーマンに必要なのは「戦術理解度」なわけです。なぜ上司はこの指示を自分に出して、結果何を期待しているのか。何をどうすればうまく組織は回り、理想の結果を出せるのか。

この辺りは、ただ大学を出ているだけでは身に付くものではありません。戦術理解度の高さは出世する人しない人の特徴でもあります。

低学歴≠無能

低学歴は無能ではありません。

仮に低学歴を大学卒業以外とするなら、多くの偉人や著名人も無能ということになります。一般的に、大学で足切りをする企業の気持ちも十分に分かります。

最低限のコミュニケーション能力と基礎学力がなければ仕事は出来ないし、あるいは、良い大学に受験して合格するには根性も必要です。

だから根性も保証されていると考えるわけです。

しかしながら、それは新卒採用の話です。特に新卒での就活をしないなら、関係ないと思います。優秀なら学歴がなんであってもヘッドハンティングされるだろうし、独立という道だってあります。

基本的に、低学歴=無能と考える人が無能です。

低学歴は独立してもうまくいかないのか

これも因果関係がない話です。

むしろ独立には学歴は一切関係ありません。僕は起業していますが、起業する際に学歴を聞かれたことは一度もありませんし、その後、取引先に学歴を聞かれたこともありません。

聞かれるのは実績と、出来ること。あるいは、仕事をしていく中で信頼関係を築けるか否かです。

優秀な人には高学歴の人は多いです。でも高学歴が全員優秀であるとは限りません。低学歴には無能な人は多いです。でも低学歴が全員無能であるとも限りません。

<プログラミングの記事>

読書初心者におすすめの小説3選

初心者の方が、まず面白がって読んでくれそうな小説を3選ご紹介します。この辺は好みにもよりますが、入りとしては結構良いのかなと思います。

ぜひ気になるものを一冊ポチってみてください。

人間失格 太宰治

人間失格 (新潮文庫) ¥308 / Kindle 0円

それから 夏目漱石

それから (新潮文庫) ¥506 / Kindle 0円

斜陽 太宰治

>斜陽 (新潮文庫) ¥374 / Kindle 0円

ちょっと僕が太宰治が好きなので、どうしても太宰よりなんですが、村上春樹のノルウェイの森もいいと思います。

そのほかにも、吉行淳之介の驟雨も面白いです。大人な感じ。

多分三島由紀夫とか川端康成は最初に読むと結構きついと思います。特に三島由紀夫の文章は「THE・賢い人」みたいな感じなので、どちらかというと美文である夏目漱石とか太宰治がいいと思います。

読書と留学は人生を変える

僕が

人生変わったな!

と思うのは、読書をするようになってからと留学をしてからです。この二つの共通点は、違う世界を見ることが出来るということです。

読書は、自分が体験していないこと、考え至らないことがふっと頭に入ってきて考えさせられるし、留学も今までに見たことのない世界を見て新しい価値観と触れ合える。

学歴で悩んでいたって仕方ないです。価値観が変わること、いろいろな価値観に出会うこと、それが重要な気がします。

まとめ

以上、最強の成り上がり術であり最高の自己投資である読書のお話でした。

まあ興味のある本を端から買って読むのもいいと思います。キンドルのunlimitedなら読み放題ですから、とりあえずもう今すぐ会員になった方がいいと思います。unlimitedにはそういえば英単語帳も無料であった気がします。

Kindleの購入はこちら

ということで、以上読了ありがとうございました。

また!

おすすめの記事

Cebu-STANDARDの代表者です。英語とブログ、Mr.Childrenが好きです。

『自己破産することより、友人より貧乏になることより、車を持てないことより、家賃を滞納することより、やりたいことをやっていない人生が一番こわい。』という名言を残しています。

座右の銘は「はみだせ。型にはまるな。」

関連記事

カテゴリー

Geniusの紹介動画

最近の記事

  1. 【弱点を攻略し武器に】コンプレックスをモチベーションに変える科学

  2. 【YouTube】日本人はペラペラより彼らの英語力を目標にすべき

  3. 【最強の成り上がり術】低学歴に足りないものは後悔でも資格でもなく読…

  4. 【低学歴】を後悔しているならセブ島でプログラミング留学すればいい

  5. 【コロナに負けるな】現在実施中の英語学習キャンペーン一覧

  6. 【偏差値20上げる勉強法】高校中退者が大学受験するなら英語で勝て