【偏差値20上げる勉強法】高校中退者が大学受験するなら英語で勝て

英語学習

안녕하세요. 내 이름은 미나토입니다.@misanwakui

こんにちは、和久井です。最近、韓国ドラマにハマっているのでふざけてみました。すみません。反省しています。もう2度とふざけません。미안 해요.

今回は、高校中退者が大学受験を志すにあたって、リスキーだけど比較的偏差値の高い大学を狙いやすくなる戦略をご紹介します。

僕は実際にこれで青学の英米文と成城の英文科を受け、見事成城に入学しました。なぜ青学にしなかったのかは聞かないでください。

受験生は英語が出来ない

MARCH以上でなければ受験は英語で決着が着くと言っても過言ではないと考えています。基本的に社会科目も国語も、偏差値が低い大学ほど問題は簡単ですし、誰でも解ける問題です。

当然ながら英語の試験問題も簡単なはずですが、基本的に多くの受験生が苦手とする科目のはずです。偏差値が低くなればなるほど、英語が最も平均点が低いはずです。

高校を何年生で中退したのかによりますが、仮に1年で辞めてそれ以降全く勉強をしていないという方が、高3の春や夏から勉強を始めたとして、3教科をこなす時間はありません。

目指す大学にもよりますが、少なくとも、比較的偏差値の高い大学を目指すのであれば、3教科で戦っても、勝てる確率はかなり低いです。

数学という選択肢もある

しかし仮に数学が得意である場合、文系学部を数学で受ける人は少ないのでこれはまだ狙い目かもしれません。

僕は数学も一切やっていなかったのでそもそも検討すらしませんでした。

数学が得意かも、、、

という方はぜひこちらをご検討いただき、お近くの塾の先生にアドバイスを求めるのが良いかと思います。

国語は偏差値57でも有り余る

英語一教科で勝負する場合、国語の偏差値は57でも十分有り余るくらいです。例えば、その場合、英語と国語の2教科受験を実施している学部を受けることが出来ます。

現代文と古文、こちらも極端ですが、古文は捨てて現代文で満点を取れば英語との組み合わせで勝てる可能性が高いです。

ただ大変リスキーです。古文も50%くらいは取れていた方がいいです。

英語一教科入試は背水の陣

ここまで読んでいただいて、

この人、頭おかしい。

なんでそんなリスキーなことを軽々しくすすめるの、、、

と思った方もいるかもしれません。

しかし僕は全く同じ状況で、全く同じ選択をしました。

高校を1年で辞めて、その後高3の夏まで1秒も勉強しませんでした。その状況で少しでも偏差値の高い大学に行くとするなら、英語で勝つしかない。

で、本当に英語だけで受験しました。

偏差値は最低65が基本となる

英語一教科入試の場合、最低でも偏差値65はないと厳しいです。

僕の場合、高3の9月時点で確か30台か40前半、正確には覚えてないですが、東海大学も無理じゃね?くらいのレベルでした。

※東海大学を揶揄する目的ではなく、事実をお話しているだけです。

正直そんな感じだったので現役の時は、東洋大学と二松学舎を受験しましたが全て落ちました。

とにかく文学部の(1)英文、(2)国文、(3)哲学科のどれかに入学したかったので割と英語だけで受験できる大学は少なかったんです。

現役時代は3教科で受験しましたが、もちろん全滅。

大破という感じでした。

その後浪人中に英語一教科に絞り、翌年青学と成城だけ受験しました。

高3の9月には30から40だった偏差値が翌年の夏頃には66か68くらいになっていたと記憶しています。

2月に受験が終わるのでそれから半年程度の勉強期間です。

受験は時間との戦い

受験はとにかく時間との戦いです。一般入試、特に文系の場合は暗記することが山ほどあるので、どれだけ暗記に時間が使えるかが勝負になってきます。

MARCHとかを目指す受験生は小中高と真面目に勉強を積み重ねてきた奴らなわけです。そんな奴らにたったの1年やそこらで勝とうとするなら、何よりも勉強時間を確保し、一点突破しかない。

多分、リスキーだし、親にも塾講師にも止められるかもしれません。だって一教科受験なんて、滑り止めで受験できる大学も少なくなるわけだし。

でも冷静に考えて、地元の進学校に行った優秀な同級生が受験のために毎日何時間も勉強しているんですよ。一方こちらは?

偏差値45程度の高校を中退し、2年間遊び呆けていた馬鹿者ですよ。

もう時間がないんです。

ただ、最後どうするかはご自身で決めることになります。少なくとも僕は、3教科を馬鹿真面目にやっていたら、成城すら受からなかったと思います。

実際に大学受験勉強で使った参考書

受験が終わった後、遊ぶ金欲しさにメルカリで相当の参考書を売ってしまったので一部しか残っていませんが、実際に使っていたものをご紹介します。

基本的にはこれらを使っていました。あとは赤本です。

  • ターゲット1400
  • ターゲット1900
  • シスタン
  • パス単準1級(※途中で辞めた)
  • 解体英熟語[ブック型]
  • 解体英熟語[カード型]
  • 解体英語構文
  • 速読英単語入門編
  • 速読英単語上級編
  • 英文読解の透視図
  • 英語構文基本300選
  • 新・基本英文700選
  • やっておきたい英語長文300
  • やっておきたい英語長文500
  • やっておきたい英語長文700
  • やっておきたい英語長文1000
  • チャート式新々総合英語
  • Forest(※途中で辞めた)
  • ロイヤル英文法(※途中で辞めた)
  • ビジュアル英文解釈(※途中で辞めた)
  • Next Stage(※語法だけ見てた)
  • ティファニーで朝食を
  • TIME(※記事を抜粋して先生と読んでた)
  • ENGLISH JOURNAL(※ジャケ買い)
  • CNN ENGLISH EXPRESS(※ジャケ買い)
  • ラダーシリーズ(※レベル2程度を多読)
  • 高校リード問題集A
  • 高校リード問題集B

実際の勉強方法[英語一教科の場合]

受験英語で最も重要なのは文法です。単語も当然かなり重要ですが、まず文法問題で減点となるとかなりしんどいです。

文法と単語を繰り返し、1冊をほぼ完璧な状態まで仕上げればその時点で偏差値60は取れます。

最初の目標は偏差値60(最低60)

今、偏差値がいくつであっても最初の目標は偏差値60に設定してください。55とか、58とか中途半端な設定をしても意味ないです。

単語帳と文法書に関しては、実際に読んで手に持ってしっくりきたものを使えば大丈夫です。

おすすめはチャート式シス単ですが、お好きなもので構いません。

01・単語は1日に最低200語

英語一教科試験なので基本は、単語帳は1日1周を目指しますが、最初は200語程度から始めてください。

2015年の6月は1日300語やってたようですね。

1冊に約2,000語ありますので約6日、7日で1周していた計算になります。

とにかく徹底的に単語を覚えてください。単語を覚えなければ次には進めません。1日15時間単語に使ってもいいので単語を暗記してください。

とにかく回転率を高めなければ意味がありません。

単語暗記をする際の3つの「ない」

  1. 書かない
  2. 黙ってやらない
  3. スマホ見ない

まず書いても無駄です。疲れて「やった感」は味わえますが、回転率が低くなり、定着率もそこまで高くないです。誰がなんと言おうが、単語を書くことは無意味です。

筆記試験があるなら一冊丸暗記してからスペルを確認すればいいのです。

次に、黙ってやらない。ぶつぶつと音読してください。それも正しい発音ですることがマストです。音読をするとついでにスペリングも上達しますし、リスニングも上がります。

「正しく発音できる=正しく聞き取れる」です。それが崩壊するのは、生まれて初めてオーストラリアのアクセントを聞いた時です。それまでは、基本、正しい発音=正しいリスニングなのです。

単語のみならずもうスマホはゴミ箱に捨てるのが一番まともな判断です。とりあえずそれは無理だと思うので、単語暗記をしている時は100%スマホの電源を切ってください。

それ以外のガジェットも全部通知オフです。親の

ご飯できたよ〜

も、この間だけはやめてもらってください。精神と時の部屋でひたすら単語を覚えてください。

02・文法を異常者レベルに鍛え上げる

僕は文法大好きだったので、当時通っていた塾の大学生講師よりも文法については詳しく語れましたし、浪人生でしたが、若輩の講師に逆に教えていたこともあります。

これはただの自慢ですが、英語一教科受験をするあなたもこれくらいまでに文法を鍛え上げる必要があります。

この時に使うのが、チャート式と高校リード問題集Aになります。

ちなみに、単語は1日200語だとして約10日で終わるので、最低3周してくださいね。それが終わらないうちに文法を始めても極められません。

まずはチャート式を読み漁ります。最初の節とか句の説明、この辺りでもう理解できずにパニックになると思いますが、ご安心ください。その解説だけを100回口にして読めば理解できます。

優秀な方なら30回でも理解できるかもしれません。僕は飛び切りの阿呆だったので100回は読みました。

次にSVOCなどの説明がありますが、理解できなくても大丈夫。100回読めば誰でも理解できます。

そうするといよいよ高校リード問題集の出番です。SVOCなどの問題を解いていきます。多分思っている以上に解けないと思います。

ここで諦めたらもうFラン確定なので、ダメです。もう背水の陣で受験本番に向かっているので、やめる=Fランもしくは就職になります。フリーターでもニートでも構いません。

とにかく、できなくて当たり前。できたら天才。天才ならそもそも英語一教科受験などリスキーなことはしない。ということは天才ではない。なので出来なくて当たり前。当たり前なので落ち込む必要なし、焦る必要なし、ただやるだけ。

と、不定詞の用法や関係詞などつまづくポイントはたくさんあると思います。しかし諦めなければいいというシンプルな話です。とにかく終わらせればいいんです。終わったら繰り返せばいいんです。

こんなにシンプルな話は他になかなかありません。

03・熟語と多読、演習をスタート

大学受験ではTOEIC以上に熟語が頻出です。

おすすめは解体英熟語の2台持ちです。ブック型カード型がありますのでどちらも使います。

用法としましては、教室にいる時はブック型、通学中はカード型などのように使い分けます。例えば受験生であっても息抜きに友達とご飯に行くこともあると思います。その時はかさばらないようにカード型を持っていきます。

熟語の暗記方法は単語と同じでとにかく繰り返すのが基本中の基本です。

ここまで終えると、日東駒専レベルの過去問なら時間内に9割取れます。東洋大学は簡単なので満点取れます。僕はずっと満点でした。

でも目指す大学はもっと上なので、多読を行います。僕が使っていたのはラダーシリーズのレベル1、2とかくらいです。

好きなのを選んでひたすら読みましょう。ぶっちゃけ立ち読みでもいいと思いますよ。

レベル1

レベル2

演習は、読んでおきたいシリーズを僕は使っていました。これをコピーして何度も繰り返し時続けます。

どうせ300,500,700すべてやるのでまとめ買いした方がお得です。

で、そろりそろりと赤本演習にうつっていきます。大体9月頃にはここまでの状態に達していることが望ましいです。

04・もはや受験教材では満足できないレベルに

ここまでを全てこなし、MARCHレベルの過去問でも余裕で合格点を取れるようになると、受験教材がいかに退屈かに気付きます。

勢いをそのままにENGLISH JORNALやTIMEなどの雑誌に手をつけてもいいかもしれません。あるいは、英検準1級に手を出してもいいかもしれません。

僕は準1級に手を出して途中でやめました。必要性がなかったのでモチベーションが上がらず、反対に、雑誌はよく買ってました。なんとなく格好つけたいので電車内でTIMEを読んだりしていました。

当然全ては理解できないので先生にあとで解説してもらってましたが。

あとは小説なども読み始めました。かっこつけて。

まとめ

以上、高校中退者が大学受験で勝つなら英語一教科勝負だ!

というリスキーな戦略をご紹介しました。普通に考えれば分かりますが、高校中退は低学歴です。低学歴が少しでも偏差値の高い大学を目指すなら、普通の優秀な人間と同じ方法で同じ時間やっても勝ち目はありません。

積み上げ量が違いますから。

よくよくお考えになって、さらによく考えてみてください。また大学受験は親との話し合いも大切です。

どんな選択をしても、最後は結果で認めてもらう以外にはありませんが。

以上、読了ありがとうございました。受験終わったらぜひセブ島留学してくださいね。その時は我々にご相談ください!

おすすめの記事

Cebu-STANDARDの代表者です。英語とブログ、Mr.Childrenが好きです。

『自己破産することより、友人より貧乏になることより、車を持てないことより、家賃を滞納することより、やりたいことをやっていない人生が一番こわい。』という名言を残しています。

座右の銘は「はみだせ。型にはまるな。」

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

Geniusの紹介動画

最近の記事

  1. 【弱点を攻略し武器に】コンプレックスをモチベーションに変える科学

  2. 【YouTube】日本人はペラペラより彼らの英語力を目標にすべき

  3. 【最強の成り上がり術】低学歴に足りないものは後悔でも資格でもなく読…

  4. 【低学歴】を後悔しているならセブ島でプログラミング留学すればいい

  5. 【コロナに負けるな】現在実施中の英語学習キャンペーン一覧

  6. 【偏差値20上げる勉強法】高校中退者が大学受験するなら英語で勝て