Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/wakuiminato/cebu-standard.com/public_html/wp-content/themes/noel_tcd072/functions/menu.php on line 136

【50代からのセブ島留学】シニアにおすすめの語学学校3選と若者からの助言

留学情報

ちょうど50代である僕の両親にセブ島留学を勧めるとしたら、どこの学校をおすすめするか考えてみました。

自身のセブ島留学・在住経験を踏まえて、50代以上の方にも満足していただけるようなプランや語学学校をご紹介いたします。

ご参考にしてみてください。

50代以上の方におすすめの語学学校3選

まず僕の母親(50代)に留学をする際に重要だと思うポイント3つを教えていただきました。それが以下です。

  • 日本人スタッフが常駐している
  • 立地が良い(治安が悪くない場所)
  • 生徒に外国人がいる

このほかにも、人によっては食事や施設へのこだわりがある方もいらっしゃると思います。

なのでまずは、僕が個人的に親世代の方に留学するならここにしておけば安心だなあという学校を3校ほどご紹介します。

CEGA

50代以上の方から支持を得ているのはまずCEGAです。

若い学生が比較的多いセブ島留学ですが、CEGAには落ち着いた大人な方が多く在籍している印象です。

リピーターの方も多く、3度もこちらの学校に留学されているご夫婦も実際にいらっしゃいます。

CEGAの魅力のひとつは、落ち着いた雰囲気であることですが、それ以上に、講師の離職率が低いことが挙げられます。

前述したご夫婦は、CEGAに行くとまた同じ講師に会えることも楽しみのひとつだとおっしゃっていました。これは離職率が高いフィリピンではかなり珍しい例です。

労働環境が良いため、熟練した講師が多いのはとてもポイントが高いと思います。

注意点としては、寮から学校へ行く際に大通りがあります。セブ島は信号がないところが多いですので、道路を渡る際は注意してほしいなと思います。

CEGAの紹介ページ

詳しい料金やプランについてはLINEまたはメールでお問い合わせください。

TARGET

TARGETは非常に幅広い年代の留学生が集まる学校です。

若者との交流も積極的にしたいという方にはもってこいの学校かもしれません。また、国際色も豊かですので授業中以外でも英語を話す機会は多くあります。

若者が多い時期(長期休みのシーズン)もありますが、常時8%くらいは50代以上の学生がいらっしゃいます。

食事にも力を入れており、日本の某有名レストランで料理人をしていた方が実際にキッチンに入ってメニューを考案していたりと、面白い試みを常にしている学校です。

TARGETの紹介ページ

詳しい料金やプランについてはLINEまたはメールでお問い合わせください。

Brilliant

大人向けの語学学校といえばBrilliantが有名です。

セブ島留学で最高レベルに上質な生活環境を整えており、ランチは学校の最上階ラウンジで提供されるなど、贅沢な留学を楽しめます。

とにかく優雅な留学生活を送りたい方にはぴったりの語学学校です。

Brilliantの紹介ページ

詳しい料金やプランについてはLINEまたはメールでお問い合わせください。

シニア世代に伝えたい留学中の注意点

僕(24歳)が親世代に伝えたい留学中の注意点をいくつかお話します。

子供がいる方も、そうでない方も、フロンティアスピリット旺盛な若者の忠告にはぜひ耳を傾けてほしいなと考えています。

01・絶対に深夜に出歩かないこと

これは若者にも言えることですが、特にシニア世代の方にはもっと強く伝えておきたいと思います。

セブ島は特別危険な場所ではありません。でも、危険な地区があること、危険なことを考える人がまれにいることは認めざるを得ません。

それは日本でも台湾でも、アメリカでもどこでもそうですが。

とりあえず、深夜に無闇に出歩かないでほしいと思います。

セブ島と日本の深夜で大きく異なる点は、

  • ストリートチルドレンが多くいる
  • 渋谷より若者が多い
  • タクシー/飲み屋のキャッチがしつこい

です。

特にストリートチルドレンなどは、「かわいそう」と言ってお金でもあげようものならどんどん近くの子供たちが寄ってきて身動きが取れない状態になりかねません。

そうした状況でスリなどが発生します。なので、注意してください。

02・現地の人とは絶対もめないこと

例えばなんですが、タクシーに乗っていてメーター以上の金額を請求されても感情的になってもめないでください。

今現在、銃を持っているタクシードライバーはかなり少ないですし、僕も出会ったことも聞いたこともないですが、とりあえずもめない方が無難です。

実際、フィリピン人は感情的な人が多い傾向にあります。

道路で運転手同士が喧嘩を始めるなど結構日常茶飯事ですし、とにかくもめない方が無難です。

あと現地ではどれだけ相手が悪くても現地人の方が圧倒的に有利です。正しさがまかり通らない場合があることを忘れないでください。

03・無闇に若者に説教をしないこと

留学中、同室になった若者が勉強せずに遊び呆けていたとしても説教しない方がいいです。

僕がセブ島で出会ったシニア世代の方は、皆さんとても好奇心旺盛で若者から多くのことを学ぼうという誠実な方ばかりでした。

お互い日本に帰国しても、お元気ですかとメールをくれるようなシニア世代の方とも出会いまして、僕としてもいろいろなお話を聞けて楽しかったです。

留学中に若者に嫌われるようなことをするのは避けた方がいいです。

04・無理をしないこと

授業もきついと思ったら授業を減らすことだって出来ます。

そもそも紹介している3校には、4コマプランというのがありますから、最初はそれくらいから始めるのが良いかなと思います。

授業以外でも、若者に混じって遊ぶのは結構だと思いますが、無茶な遊びをされると心配です。

休みはきちんと取ってください。

英語のある第二の人生を

以前、50代で留学している方にインタビューを取ったことがあります。

50歳で仕事をやめて第二の人生を始めるために英語を習得しようと思いました。

今後は海外で民宿などをやりたいです。

50代の方

とても素敵だなと思いました。

50歳から新しい人生を始めるためにスキルを身につけて、日本ではない場所で新たな人生を始めるという目標がある方。

日本語に加えて英語が出来るというただそれだけで、それまでには経験できなかったことをたくさん出来るようになると思います。

セブ島留学が、そのきっかけになれば良いなと切に願っています。

留学のご相談は無料で行っておりますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

メールの場合は>こちら

まとめ

そのほか、リゾート地にある学校がいいなどの具体的なご希望がある方はメールもしくはLINEでお問い合わせください。

カウンセリング・手数料は全て無料で行っています。

以上、読了ありがとうございました。

Cebu-STANDARDの代表者です。英語とブログ、Mr.Childrenが好きです。

『自己破産することより、友人より貧乏になることより、車を持てないことより、家賃を滞納することより、やりたいことをやっていない人生が一番こわい。』という名言を残しています。

座右の銘は「はみだせ。型にはまるな。」

関連記事

カテゴリー

Geniusの紹介動画

最近の記事

  1. 【弱点を攻略し武器に】コンプレックスをモチベーションに変える科学

  2. 【YouTube】日本人はペラペラより彼らの英語力を目標にすべき

  3. 【最強の成り上がり術】低学歴に足りないものは後悔でも資格でもなく読…

  4. 【低学歴】を後悔しているならセブ島でプログラミング留学すればいい

  5. 【コロナに負けるな】現在実施中の英語学習キャンペーン一覧

  6. 【偏差値20上げる勉強法】高校中退者が大学受験するなら英語で勝て