Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/wakuiminato/cebu-standard.com/public_html/wp-content/themes/noel_tcd072/functions/menu.php on line 136

【歯科衛生士の転職】ブラックな職場をやめてセブ島にインターン留学

歯科衛生士 × 留学

皆さん こんにちは!アニーです。

今回は私がセブ島留学を決心した経緯をお話ししていきたいと思います。

  • いまの仕事に不安がある
  • ちょっと休憩したい

と思っている方に、「こういう人もいるんだ」と思ってこの記事を読んでいただけたらなと思います。

歯科衛生士のセブ島留学

私は以前、歯科医院で仕事をしていました。

そこは立ち上げたばかりの医院で社員が少なく、私が1人で受付・電話対応・衛生士業務を行っており、朝の8:30から夜の21:00まで仕事をしていた時もありました。

私はその頃副業もしており稼がなきゃ稼がなきゃという自分を自分で抑圧していました。

正直、辛かったです。

そんな気持ちの時にTwitterを見ていたら「セブ島留学」を見つけ、私はもうこれしかないと思い、セブ島留学を決心しました。

英語学んで何するの?

英語を勉強したところで、あなたの職業に役立つの?

と周りからは言われました。

たしかに留学って聞くと、

「将来英語を使った仕事に就きたいから」

「自分自身のキャリアアップやスキルアップのため」

というイメージがあるかと思います。

しかし私の場合は歯科衛生士として海外で勤務するために留学をしたいわけではなく、

漠然と英語できたら世界で働けるな。

将来、海外移住したいな

と思い留学しました。

結果的に、留学をしたことで自分を見つめ直す機会になりましたし、英語ができればもっと視野が広がるなと改めて実感しました。

留学後の気持ちの変化

留学してから一番変わったなと思うことは、価値観や考え方です。

正直以前までは仕事が嫌いでした。

職場や給料に対する不満しかありませんでした。

でもセブ島に留学してからは

  • きついと思ったらきついと正直にいう。
  • プライベートや家族との時間を大切にする。

こういうことを大切にすることで、心に余裕ができて仕事を頑張れたり、やりがいなどを見つけられるのではないかなと思うようになりました。

それもセブ島に留学して、現地の人の仕事に対する姿勢や家族や恋人を大事にする考えを知ることが出来たからです。

フィリピン人の価値観

家族5人で川の字になって寝るのが幸せ。

休みの日は歌を歌いながら洗濯をするのが楽しい。

という話をフィリピン人の講師に聞いてから、小さな幸せの積み重ねが人生をより豊かにするんだなと思うようになりました。

以前の私なら、「そんなことが幸せなんてあり得ない」と思っていたと思います。

歯科衛生士の離職率と転職

歯科衛生士の離職率は高いと言われています。

特に、長時間労働や人間関係で悩んでやめてしまう人が多いです。

実際に私の周りにも、資格を持っていながらも歯科衛生士として働く人が少なくなってきています。

資格があれば就職には困らないかもしれませんが、それだけだと不安は拭い切れないような気がします。

【資格×英語力】があれば、世界のどこにいっても仕事はあると思います。

私も実際に留学をして英語を武器にしたいと強く思いました。

歯科衛生士から転職する際も、TOEICのスコアが有利に働くことは言うまでもありません。

まとめ

今回は歯科衛生士のセブ島留学をブログに書いてみました。

こういう人もいるんだと思っていただけたら幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

関連記事

この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

Geniusの紹介動画

最近の記事

  1. 【弱点を攻略し武器に】コンプレックスをモチベーションに変える科学

  2. 【YouTube】日本人はペラペラより彼らの英語力を目標にすべき

  3. 【最強の成り上がり術】低学歴に足りないものは後悔でも資格でもなく読…

  4. 【低学歴】を後悔しているならセブ島でプログラミング留学すればいい

  5. 【コロナに負けるな】現在実施中の英語学習キャンペーン一覧

  6. 【偏差値20上げる勉強法】高校中退者が大学受験するなら英語で勝て