Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/wakuiminato/cebu-standard.com/public_html/wp-content/themes/noel_tcd072/functions/menu.php on line 136

【忘れる前提】英単語を暗記するコツは覚えない&イメージを使うこと

英語学習


体験者の口コミ »【2020年版】無料体験があるオンライン英会話まとめ【おすすめ3選も紹介】


こんにちは、セブスタンダードの和久井です。トゥウィッタはこちら

今回はみなさんが嫌いな単語暗記の方法をご紹介します。こちら、僕自身も常々方法を模索しておりまして、今後もっと良い方法を発見する可能性があります。

なので暫定的に、これまでで1番良いかつ僕が今実践している方法の紹介になります。

ざっくりとまとめますと下記を繰り返します。

  • 1単語あたり15~60秒で次にいく
  • 音を正確に覚える
  • 自分で文を作る

ということで、下で具体的な方法を解説していきます。

1単語あたり15~60秒で次にいく

僕も英語を勉強し始めた時は、一度見た単語は絶対にその場で覚えようと必死でした。1単語覚えるためにノート見開き1ページ使っていたこともありました。

しかし、結論としては、それはかなり効率が悪い。何万回書いても、読んでも、単語帳の最後の頃にいくと最初の単語は忘れているものです。

と、あれこれ考えて始めたのが、回転率を高める方法でした。

実はこれはAtsueigoでお馴染みのAtsuさんも実践しているとのことで、多分合理的なはずです。

1単語あたり15~60秒で、次の単語にいく。それをひたすら繰り返して、単語帳一冊を何周もする方法です。

いろいろ実践してきましたがこれが1番効率よく、定着率も高かったです。

とにかくはやく1周目を終わらす

単語をあまり覚えていない人に共通して言えることは、単語帳をそもそも最後まで見ていないということです。

覚えよう覚えようと力んでしまうあまり、途中で力尽きて諦めてしまう。

覚えたと思ったページの単語が覚えられておらず、やっぱり自分は馬鹿だと意気消沈してしまう。

みなさんも経験ありませんか?

一度見たページの単語を忘れるなんてどうでもいいんです。大切なのは、どれだけはやく一周目を終わらせて、単語を読む時間を日常に取り入れるかなんです。

なので、僕はどの単語帳を始めても毎日1日100個覚えることから始めます。で、もちろん全部覚えているわけじゃないです。正確には、1日100個見るだけです。

覚えなくていいから1日最低100単語は見る

100単語のうち、1日で覚えられた単語が20語だとしましょう。

それで全然いいんです。大切なのは、何周もして単語を定着させることです。

単語帳は多分平均して2,000 ~ 4,000語くらいありますね。

1日に100語やれば、2,000なら20日、4,000なら40日で1周目が終わります。

そしたらそれをひたすら繰り返せば、定着していきます。

1日100語を見るときの注意点

1日100語を音読しながら読んでください。で、100語を一周だけではなくて、1日に最低でも2周はした方がいいです。あるいは、100単語を10分割して、1~10を7~10周してもいいかもしれません。

ひたすら音読して繰り返し読むだけです。

音を正確に覚える

次、僕も失敗しましたが、読んで書いて覚える方法だと、発音が詰みます。

極端な例ですが、Nicholas(ニコラス)という単語を覚えていたとしましょう。

音を聞かずに暗記しようと思った場合、あるいは、書いて覚えようと思った場合、「ニチョラス」といって覚えませんか?

なぜかといえば、Nicholasという形を日本語的に読むとニチョラスだからなんですよね。そのほかにも、sheとsea、seeとか、thの発音。

日本人はthemを「ゼム」と発音するくせありませんか?

sheを「スィー」と発音する人もいますし、Rがないのに変に舌を動かしてネイティブのモノマネっぽく発音する人もいます。

音を正確に覚える目的

音を正確に覚える目的としては、リスニングでちゃんと聞き分けることができるようになるためでもあります。

せっかく見れば分かる単語なのに、音を正確に覚えていないためにリスニングで正確に意味を取れないっていうのは非常にもったいないです。

それに加えて、スピーキングでも音の正確さは重要です。

単語を形だけで覚えて、後々正しい発音を知るのは二度手間ですから、同時に音を覚えた方がいいです。

なのでキクタンってすごく便利だと思います。

自分で文を作る

最後、自分で文を作って遊んでみることです。

インプットしたものをアウトプットすることで、初めて意味が出てきます。

「へえ〜、こういう単語があるんだ〜。」

とそれだけで楽しいオタク気質の人もいますが、多くの方はその単語を使いたいから覚えているわけですよね。

なので、簡単な文を作ってみることも大切です。あと、実際、使わない単語よりよく使う単語の方が記憶に残りますよね。

言い方を変えれば、よく見かける単語の方が記憶に残りやすいですよね。

なので、新しく知った単語を自らの手によってよく見る単語、よく使う単語に仕上げていきます。

考えず、書かず、正しい文法でつくる

もうめっちゃ簡単な文でいいんです。

例えばですが、Orderという単語を見たとしたら、

I ordered a pizza.

とかでいいでです。

ぼそっと呟く程度でいいです。メモも必要ないし、考え込む必要もありません。

何周しても定着しない単語はイメージで覚える

基本的に英語に対する日本語をセットで覚えると思います。

ただ英単語には非常に形も意味も似通っている単語がたくさんあります。全部覚えるの大変だなと思ったら、イメージを使って覚えるのが1番良いです。

ズバッと英語に対する日本語を暗記するのではなく、「〜みたいな」とか「〜的な」という感覚でなんとなくぼやっとイメージで覚える。

あと、イメージ(画像)を使って覚えるのも効果的です。

imitateとintimateってめっちゃ似てません?

imitate

intimate

似ている単語をGoogleの画像検索を使ってみた結果なのですが、ちょっと今回はあまり良くない例だったかもしれません。

そのほかにも、フリーの画像素材サイトで検索してもいいかもしれません。

imitate(真似する)の方は、大人と子供が同じポーズを取ったり、隣にいる人同士で同じポーズ取ったりしてますね。

intimate(親密な)は男女が親しげな写真が多いです。

みたいな風に覚えるのも効果的だと思います。

まとめ

単語暗記のまとめとしては、圧倒的に回転率を高める。これに尽きます。

正しい音を覚えることもそうですし、文を作ることもそうですが、1番重要なことは回転率を高めることです。

単語が覚えられない。

やっぱり私は頭悪いんだー。

よくいる英語学習者1

やっぱり僕は馬鹿なんだー!泣

英語は向いてないんだ。。

よくいる英語学習者2

とか言う前に、単語帳を最低でも30周した方がいいです。

やれば分かると思いますが、5周目くらいが終わると、1日1周とか普通に出来るようになります。

しかも30分とかで1日1周が終わったりします。そうなったら勝ちですね。

以上、読了ありがとうございました。またお会いしましょう!

おすすめの参考書記事

Cebu-STANDARDの代表者です。英語とブログ、Mr.Childrenが好きです。

『自己破産することより、友人より貧乏になることより、車を持てないことより、家賃を滞納することより、やりたいことをやっていない人生が一番こわい。』という名言を残しています。

座右の銘は「はみだせ。型にはまるな。」

関連記事

この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

Geniusの紹介動画

最近の記事

  1. 【弱点を攻略し武器に】コンプレックスをモチベーションに変える科学

  2. 【YouTube】日本人はペラペラより彼らの英語力を目標にすべき

  3. 【最強の成り上がり術】低学歴に足りないものは後悔でも資格でもなく読…

  4. 【低学歴】を後悔しているならセブ島でプログラミング留学すればいい

  5. 【コロナに負けるな】現在実施中の英語学習キャンペーン一覧

  6. 【偏差値20上げる勉強法】高校中退者が大学受験するなら英語で勝て